Plug利用規約
本利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社Shells(以下「当社」といいます)が「Plug」という名称で提供するサービス(以下「本サービス」といいます)の提供条件並びにユーザーと当社との間における権利義務関係を定めるものです。
第 1 条(適用)
  1. 本規約は、本サービス等の提供条件及び本サービス等の利用に関する当社とユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的とし、ユーザーと当社との間の本サービス等の利用に関わる一切の関係に適用されます。
  2. 当社が本アプリ上で掲載する本サービス等の利用に関するルールは、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本規約の内容と、前項のルールその他の本規約外における本サービス等の説明等とが異なる場合は、これらのルール、説明等が優先して適用されるものとします。
  4. 登録ユーザーは、本サービス管理者及び一般ユーザーに対し本規約に同意させ、これを遵守させる義務を負い、管理者又は一般ユーザーがこれらに違反した場合、管理者又は一般ユーザーと連帯して当社に対し責任を負うものとします。
第 2 条(定義)
本規約において用いる用語の定義については、次の各号に掲げるとおりです。
  1. 「ユーザー」とは、本サービスを利用し、または、本サービスにアクセスするすべての方をいいます。
  2. 「登録ユーザー」とは、本サービスをSlackワークスペースにインストールしアカウントを作成した個人、法人又は任意団体を意味します。
  3. 「管理者」とは、本サービスの管理画面において、管理者権限を保有するユーザーをいいます。
  4. 「一般ユーザー」とは、本サービスの管理画面において、管理者権限を保有しないユーザーをいいます。
  5. 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。
  6. 「保存データ」とは、ユーザーが本サービス等を利用して保存する一切の情報(文章、画像、その他の情報を含みますがこれらに限りません。)を意味します。
  7. 「本アプリ」とは、当社が本サービスを提供するために制作・提供するアプリケーション・ソフトウェアを意味します。本サービス及び本アプリを総称し、「本サービス等」といいます。
  8. 「本プラットフォーム」とは、本アプリが特定のチャットツール等のプラットフォーム上で利用される場合の、当該プラットフォームを意味します。
  9. 「プラン」とは、 本サービスの利用可能な機能及びそれらに応じた利用料金の設定等の組み合わせによるパッケージサービスを指し、無料で利用可能なもの(以下「無料プラン」といいます。)及び有償で提供されるもの(以下「有料プラン」といいます。)を含みます。
第 3 条(登録)
  1. 登録ユーザーは、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(決済情報を含みます。以下「登録事項」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービス等の利用の登録を申請することができます。なお、当社が登録事項等の事実の証明に関する書類の提示を求める場合、登録ユーザーはこれに応じるものとします。
  2. 登録ユーザーが法人を代理して登録手続を行うときは、当該登録ユーザーは、当社に対し、当該法人を代理する正当な権限を有していることを保証するものとします。
  3. 当社は、当社の基準に従って、第1項に基づいて登録申請を行った登録ユーザー又は登録ユーザーが代理する法人の登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合にはその旨をオーナーに通知します。登録ユーザーとしての登録は、当社が本項の通知(以下「利用開始通知」といいます。)を行ったことをもって完了したものとします。
  4. 前項に定める登録の完了時に、サービス利用契約が登録ユーザーと当社の間に成立します。
  5. 当社は、登録ユーザー又は登録ユーザーが代理する法人が、以下の各号のいずれかの事由に該当すると当社が判断する場合は、登録及び再登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。
    ア 当社に提供した登録事項の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
    イ 自身、その役員又は従業員が、反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っている場合
    ウ 過去当社との契約に違反した者またはその関係者である場合
    エ その他、登録又は再登録が適当でない事由がある場合
第 4 条(登録事項の変更)
登録ユーザーは、登録事項に変更があった場合、自ら又は管理者を通じ、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとします。なお、登録ユーザーが当該通知を怠ったことにより生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
第 5 条(本サービスのプラン)
当社は、ユーザーに対し、プランをもって本サービスを提供するものとします。プランの内容は本規約において特に定めるものの外、当社が別途定め、ユーザーに通知するところに従うものとします。
第 6 条(データの取り扱い)
  1. ユーザーは、保存データにつき所有権を有します。本サービス等を利用することで、保存データに関し当社による管理及び取扱いを委託したものとします。
  2. 当社は、ユーザーの承諾を得ることなく、サーバーの故障・停止時の復旧の便宜に備えて保存データを任意でバックアップできるものとします。
  3. 当社は、サービス利用契約の終了に伴い、全ての保存データを削除する場合があります。当社は、サービス利用契約終了後、保存データについて、その保管、削除、バックアップ等に関して登録ユーザー又は第三者に生じた損害につき一切の責任を負いません。
  4. 当社は、登録ユーザー、管理者の書面による承諾を得ることなく、本規約に定める以外の目的のために利用あるいは複製し、又は第三者に利用させ、 若しくは開示、漏洩いたしません。
  5. 当社は、保存データを次の目的のために利用することができます。
    ア 本サービス等の提供、改善、機能の追加・削減・修正、管理、運営等のため
    イ 登録ユーザーが本サービス等を利用するにあたり必要な連絡をするため
    ウ 当社が運営する他の事業・サービス等の提供、改善、管理、運営等のため
  6. 当社は、ユーザーの本サービス等の利用を通じて行われた行動に関する情報(以下「利用状況データ」といいます。)を取得し、次に定める本サービス等の機能向上、開発の目的のために解析し、利用することができるものとします。
    ア 本サービス等の提供・改善・管理・運営・機能の追加・削減・修正等のため
    イ サービス利用環境・その他の推奨利用環境を決定するため
    ウ パフォーマンスの改善のため
  7. 当社は、保存データ・利用状況データを、以下の場合に第三者に開示、公開することがあります。
    ア 法令に従った要請(捜査関係事項照会書による要請を含む)や法令の手続き上必要とされる場合、又は当社、他の登録ユーザー若しくは第三者の権利を保護するために必要な場合等であると当社が判断した場合
    イ 当社が本サービス等の広告、宣伝の目的で登録ユーザーの名称及びロゴマーク等を利用する場合(なお、利用について事前に承諾を得るものとし、開示内容やロゴマークの表示方法について登録ユーザーより指示があった場合、当社はその指示に従います。)
第 7 条(有料プランの購読期間)
当社は、ユーザーに対し、プランをもって本サービスを提供するものとします。プランの内容は本規約において特に定めるものの外、当社が別途定め、ユーザーに通知するところに従うものとします。
  1. 有料プランの場合、購読期間は契約成立日から 1 ヶ月間とします。
  2. 有料プランの場合、登録ユーザーが購読期間中に当社に対し契約終了の申し出(手続きは別途当社が定め登録ユーザーに通知する内容に従うものとします。)をしない場合、サービス利用契約は同一の購読期間延長され、以降も同様とします。
第 8 条(料金及び支払方法)
  1. 有料プランの場合、登録ユーザーは、当社に対し、本サービス等の利用の対価として当社が定める一定の基準期間(以下「対象期間」といいます。)ごとに、基準期間内にアプリケーションがメッセージを送信したメンバーの数に応じ、当社が指定する支払時期及び支払方法により支払うものとします。当社は利用料金・その計算方法を変更する場合がありますが、その場合は登録ユーザーに対し事前に通知します。
  2. 対象ユーザーの数は、購読期間中に一度でもアプリケーションからダイレクトメッセージが送付されたユーザーのアカウント数とします。
  3. 利用料金の支払を遅滞した場合、年 14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。
第 9 条(禁止事項)
ユーザーは、本サービスの利用に当たって、次の各号のいずれかに該当する行為、又は、該当するおそれのある行為をしてはなりません。
  1. 当社又は第三者の知的財産権その他の権利又は利益を侵害する行為
  2. 法令に違反する行為または犯罪行為に関連する行為
  3. 当社に対する詐欺、脅迫、名誉若しくは信用の毀損又は業務妨害に該当する行為
  4. 本サービスのネットワーク又はシステム等に不正なプログラムを送信し、又は、過度な負荷をかける行為
  5. 本サービスのシステム等に対してリバースエンジニアリングその他の解析をする行為
  6. 本サービスの運営を妨害する行為
  7. 本サービスのネットワーク又はシステム等に対する不正アクセス行為
  8. 反社会的勢力の活動又は反社会的勢力への利益供与のために利用する行為
  9. 当社が本サービス上で禁止行為として表示している行為
  10. 前各号に掲げる行為を直接又は間接に惹起し、又は、容易にする行為
  11. 前各号に掲げる行為を試みる行為
  12. その他、本サービスの目的、社会規範若しくは公序良俗に反する行為
  13. その他、本サービスの利用行為として相応しくない行為
第 10 条(本サービスの停止および中断)
当社は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止し、又は、中断することがあります。
  1. 本サービスのシステム等の点検又は保守のために必要な場合
  2. 本サービスのシステム等で発生した障害によって本サービスを正常に運営することができなくなった場合
  3. 災害、停電、感染症のまん延その他の事情により、本サービスを正常に運営することができなくなった場合
  4. その他、当社において本サービスの全部又は一部の提供を停止し、又は、中断すべき事情が生じた場合
第 11 条(損害賠償責任)
ユーザーは、本規約に違反した場合その他故意又は過失により当社に損害を生じさせた場合は、これによって当社が被った一切の損害(間接損害、特別損害、弁護士費用その他一切の損害を含みます。)を賠償する責任を負います。
第 12 条(契約上の地位の譲渡等)
  1. ユーザーは、当社が書面によってあらかじめ承諾した場合を除くほか、本規約に基づく権利義務又は契約上の地位を第三者に譲渡し、担保に供し、その他一切の処分をすることはできません。
  2. ユーザーは、当社が本サービスに係る事業を第三者に譲渡する場合(事業譲渡のほか、会社分割その他当該事業の移転を伴う一切の場合を含みます。)において、当該譲渡に伴って当該ユーザーに対する本規約に基づく権利義務及び契約上の地位を当該第三者に承継することを、あらかじめ承諾するものとします。
第 13 条(本規約の変更)
当社は、法令の改正、社会情勢の変化、本サービスの拡充その他の事情により、本規約を変更する必要がある場合には、民法548条の4(定型約款の変更)の規定に基づいて、本規約の内容を変更することがあります。本規約を変更する場合は、あらかじめ、変更する旨、変更後の内容及び変更日を本サービス上で告知します。変更後の本規約は、変更前に本サービスの利用を開始したユーザーにも適用されます。
第 14 条(準拠法および管轄裁判所)
  1. 本規約の準拠法は、日本法とします。
  2. 本規約に起因し、又は、関連する一切の紛争については、日本国の裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
  3. 本規約に起因し、又は、関連する一切の紛争については、さいたま地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。